「小説家になろう」さんにて公開していた短編集をこちらに移しました。
 
イラストをくださった皆様のご許可もいただけましたので、作品と合わせて展示させていただいていますw すでにご覧くださった方も多いかと思いますが、再度ご堪能いただけると(イラストを!)嬉しいですww

 


頂き物イラストお礼SS(各イラストへのコメントを書いた記事は、カテゴリ「頂き物」からご覧ください)
 「おめかし」
 「新妻談義 その後」
 「ガールズトーク」
 「憧憬」
 「思索」

ケヴィンの回想録 書籍未収録部分
1 彼女を候補に選んだ理由
2 鳥籠に舞い降りるもう一羽の鳥

 

Comment
コメントへの返信、ありがとうございます!!

それでしたら絶対「旦那さま」ではないです。シュエラとシグルドの子はまだ赤ん坊一人までしか書いてないんです。他のカップルでもそういうシチュエーションに至るところまでは書いてないですし。

>ごめんなさい。違っていましたか。
いえいえ、お気になさらないでくださいませ。私など、勘違いの常習犯です(笑) 私だけじゃなかったとほっとしているくらいでして(←ヲイ)
それにしても気になります。mint様がOKくださるなら、Twitterで尋ねてみたいかも。ただ、せっかくTwitterやっててもそこで息をひそめるような活動をしてるので、情報が集まる可能性が低いですが(苦笑)

よろしければ、また声をかけてくださいませ。コメントありがとうございました!
  • 市尾(mint様へ)
  • 2013/08/31 19:45
二通まとめての返信を失礼いたします。
お気づかいありがとうございます! 感想におけるネタバレは問題ないので、二通目も公開させていただきました。ですがやはり非公開をご希望ということでしたら、お手数をおかけいたしますがその旨ご連絡くださいませ。

「旦那さま短編集」もお読みくださってありがとうございます!!
未公開のものについては、小説に仕立てなおしたり改稿しなければならなかったりするので時間がかかりますが、再掲載を前向きに検討させていただきますね。

>『孤独の人魚姫』、原案は別の方のようですが、あれも先生の作品ですよね?
はい、そうです。K女史の原案をこのブログ内にUPしてありますので、ここにリンクを置いておきますね。
http://syodana.jugem.jp/?eid=358#sequel

>一生、失恋の傷心のまま過ごすよりは、海の泡となった方が、苦しまなくて済むって事なんですね。
いえ、これについては「恋に命をかける勇気はあるかい?」という脅しです。それだけの勇気を持って恋を勝ち取ってくれなければ、魔女の望む“報酬”は得られない。簡単に諦めてもらっちゃあげた薬が損。恋に破れて帰ってきても、海の泡にはならなかったりして(苦笑) 薬を作るのに手間と労力がかかるから、ホイホイ配りたくないだけなんです、魔女は(笑) 原作と大きく違うところですねww

>『男に取って恋愛は、人生の一ページである。
> 女に取って恋愛は、人生そのものである』
初めて聞きました! 知らないことばっかで済みません(汗) 勉強になりました。ありがとうございます!

>最初から言葉が通じてたら、真ん中辺りを指していたであろう針は、不幸な期間が有って熟成されたが故に、今は振り切りまくってると思います。
まさに、『最大のしあわせ』ですね。
そうですそうです! ありがとうございます! 上手く表現してくださって、すごく嬉しいです!

>時間の余裕が出来次第、読んでみたいと思います。
ありがとうございます! 是非! ──と申し上げたいところですが、スネーク大佐様のご予定を大事になさってくださいね! あと、「旦那さま」とはテイストの違う作品もありますので、お好みのものを選んでくださいませw
「公爵令嬢の婚約者」も気に入ってくださってありがとうございます!
誤字報告もありがとうございました! 早速修正してまいりました。またもやあんなに直近で間違えて気付かないなんてアホやらかしててすみません(汗)

>ヘタレで馬鹿でヘタレで馬鹿(大事な事なのでry)
(笑) もっと読みたいとおっしゃってくださりありがとうございます! 書ける可能性が低くて申し訳ないですが、検討させていただきますね。

あともう一通もありがとうございます! 後ほど返信させていただきます。
  • 市尾(スネーク大佐様へ)
  • 2013/08/31 19:37
ごめんなさい。違っていましたか。

旦那様が居間に帰ってきたら、上に2人が遊ぼとまつわりついて、末っ子がおねむ名状態。
暖炉みたいなところでシュエラ(たぶん)が焼きりんごを作り、旦那さまが上の2人を抱えて待っている。
テーブルでみんなでおやつ、長男と旦那さまでシュエラを取り合い。

さがしてくださってありがとうございました。
時間をとらせてごめんなさい。

シュエラだと思ってコメントしたのですが、
もう一度さがしてみます。
  • mint
  • 2013/08/31 12:44
>恋を諦めると泡になる
12話の『そこまで恋焦がれた〜』という魔女のセリフを見て、成程、コレはむしろ、優しさだったんだなぁと、思いました。
自分が育ってきた環境、その全てを捨ててでも結ばれたかった相手となれば、その後の人生(人魚生?)で、他に好きな人が出来るとは思えませんし。
一生、失恋の傷心のまま過ごすよりは、海の泡となった方が、苦しまなくて済むって事なんですね。
『男に取って恋愛は、人生の一ページである。
 女に取って恋愛は、人生そのものである』
って、誰かも言ってましたし。
 
>結末
最初から言葉が通じてたら、確かにもっと早く幸せになれてたと思います。
でも、想いが通じ合うまでの不幸な期間は、通じ合ってからの幸せを、増大させるものだったと思います。
幸せを計るメーターなんて有りませんが、あえて例えるなら。
最初から言葉が通じてたら、真ん中辺りを指していたであろう針は、不幸な期間が有って熟成されたが故に、今は振り切りまくってると思います。
まさに、『最大のしあわせ』ですね。
 
>他のなろう作品
時間の余裕が出来次第、読んでみたいと思います。
エイミーとお相手(名前忘れました←)の話も、もっと読みたいです。
そして、ふと気付いた誤字。
『本日十六歳になるクリフォード侯爵令嬢エイミー』
『クリフォード公爵に呼び出され』
「らっきー♪」第33話「公爵令嬢の婚約者 1/4」冒頭のコレ、誤変換では?
 
……そして、2/4の“アレ”を読み返して、笑いを堪える僕でしたw
 
ヘタレで馬鹿でヘタレで馬鹿(大事な事なのでry)だけど、ホント良いヤツですよねぇ、彼。
ニヤニヤ♪
  • スネーク大佐
  • 2013/08/31 08:45
どれも面白かったです。
他の未収録SS・番外編も、是非読みたいです。
 
>余談ですが
なろうのID、別HNで持っているのですが、パスワードを思い出せないので、ここで失礼します。
『孤独の人魚姫』、原案は別の方のようですが、あれも先生の作品ですよね?
あれも面白かったです!
 
続きは非公開にした方が良いかもな感想なので、分けますね。
  • スネーク大佐
  • 2013/08/31 07:33
はじめまして! コメントありがとうございます!!

「小説家になろう」より旦那さまの番外SSを引き下げ、こちらに移してしまってすみません。
それですみません! 私がど忘れしているのかと思って思いつく限り確認はしたのですが、焼きりんごを作るシーンは書いた覚えがないんです(汗)アップルパイなら、書籍4巻で作っているのですが(ページ数が足らなかったため、描写は削ってしまいましたが)、それもシュエラと母エイダと乳母のナンシーの三人でして。

でも子ども3人と焼きりんごを作るシーンというのは、覚えがあるようなないような……。
ホントにど忘れで私が書いたのかもしれませんが、別のなろう作者様だったようにも思います。よろしければ、もう少し詳しい内容をお聞かせ願えないでしょうか? 該当作品を見つける手がかりになるかもしれません。
  • 市尾(mint様へ)
  • 2013/08/30 21:54
はじめまして、
番外編がなくなっていたので、コメントしています。

子供3人と焼きりんごを作るほのぼのシーンがあったと思うのですが、よかったら再掲お願いします。

私の中では、「旦那さま」は
紅茶と焼きりんごです。
  • mint
  • 2013/08/30 13:21





   
この記事のトラックバックURL : http://syodana.jugem.jp/trackback/494

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

各ネット書店さんへの入り口です

amazonさん

国王陛下の大迷惑な求婚 (レジーナ文庫)



楽天ブックスさん


hontoさん
国王陛下の大迷惑な求婚

オムニ7さん
国王陛下の大迷惑な求婚

amazonさん

身売りされたので 偽りの婚約者をすることになりました (フェアリーキス)



楽天ブックスさん

hontoさん
身売りされたので 偽りの婚約者をすることになりました

オムニ7さん
身売りされたので 偽りの婚約者をすることになりました

amazonさん

国王陛下の大迷惑な求婚 (レジーナブックス)



楽天ブックスさん

amazonさん

これがわたしの旦那さま〈1〉 (レジーナ文庫)



楽天ブックスさん

お世話になっている出版社さんです。

お世話になっている無料小説投稿サイト様&サーチ様です。

カーソルでなでなでしてやってくださいw

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM